おすすめの3dプリンターはココから見つけよう

部品制作を自社で行う

3Dプリンタ

外部委託を減らすメリット

今行っている業務で必要な部品を外部の業者に製作してもらっているならば、3dプリンターを導入するのがおすすめです。3dプリンターはプリンターという名称によってやや誤解がありますが、小さな部品を製作するのが主な役目の機械となっています。プリンターなので紙に関係あると思われていますが、実際には立体造形を行うためのものなのです。素材を選択し、造形するためのデータを入力することによって、まったく同じ部品を複数入手することが可能となります。外部業者に委託するアウトソーシングサービスは、時間を削減できる代わりにコストがかさんでしまいがちです。しかし、3dプリンターを導入することによって小さな部品はすぐに自社で用意できるようになります。時間とコストを大幅に抑えることが出来るので、積極的に3dプリンターを運用していくのがおすすめです。おすすめできる理由としては他にもあり、試作品を複数用意できるというものがあります。今まで外部業者に依頼する場合はある程度妥協しながら部品調達をしなければならなかった場合に、大きなメリットとなるのです。品質向上が確実に自社だけで行えるので、より良い製品を作れるようになります。自社製品をさらに良いものに仕上げることが出来るので、3dプリンター導入はおすすめといえるのです。いままで外部業者に部品を注文していたならば、3dプリンターを導入して小型部品は自社で用意できるようにしましょう。

コピー機

オールインワン料金で安心

ビジネスシーンで利用されているコピー機はレンタル費用と日々の保守費用が含まれたリース契約が結ばれるのが一般的です。リース契約は数年単位となっているので、無理に古いコピー機を使い倒す必要が無いので業務の効率化にも繋がると言うメリットもあります。

インク

新機器でビジネスを効率化

消えるトナーが使えるとして評判になっているのが、東芝の新しい製品です。今後不要と考えられる文書は、消えるトナーで印刷をすると、内容が消えた後に紙の裏表を存分に使うことが出来ます。一時的に必要な資料を作る時は、このようなトナーを利用すると便利です。

複合機

ビジネス用機器の導入

企業で使われる複合機は、その多くがリース契約にて、導入することが多いのですが、それには多くのメリットがあるからです。そのメリットは、経理面での優遇のほかに、コストの削減や保守メンテナンス契約を含むなどがあるからなのです。