ロゴ

不動産売却時に少しでも査定額を上げる方法を知りましょう

不動産売却で重要なこと

不動産売却には、3つの重要なポイントがあります。その3つのポイントとは、築年数と設備と立地ですが、それぞれを詳しく解説していきます。

不動産売却で重要なことや査定額を上げるポイントを紹介

家

築年数

建物は築年数が大きくなればなるほど価値が下がっていきます。得に新築から数年経過するとかなり価値が落ちます。その後は少しずつ価値が下がっていきます。空き家として放置されていた期間があると、一気に劣化が進んでいってしまうので気を付けなければいけません。

設備

不動産に備えついている設備によって、売却額が変わります。マンションであれば、エレベーターやオートロックの有無によって大きく価値が変動します。また、高層になれば人気が高くなるので、相対的に価格が上がります。その逆で高さのないマンションは価値があがることはないでしょう。

立地

建物が立っている場所は、築年数や設備よりも価値に大きな影響を与えます。老朽化や設備はリフォームなどでどうにかすることができますが、立地は変わりません。特に駅に近い物件は価値がグンと上がります。ここまで紹介した3つの条件から大まかな建物の価値はきまります。ここからは、不動産売却時に少しでも査定額を上げるためにできることを紹介していきます。

不動産売却価格をあげる方法

  • 破損している部分の修理
  • 水回りの清掃
  • 需要が高まるい時期に売却する

空き家の管理は必ずしよう

住宅は人が住んでいないと、通常よりかなり早いペースで劣化してしまいます。マンションなどの集合住宅であればそれほど問題はありません。ですが、一戸建ての場合は、問題があります。理想は自分で状況を確認しながら管理していくことです。ですが、自宅から物件までの距離が遠いとそう簡単に通うことができません。そういった方は厚木市や川口市にもある管理代行業者を利用することで、急激な劣化を防ぐことができるでしょう。

管理するか売却するか判断する

放置しているとどんどんと市場価値が下がっていってしまうので、なるべく早く売却した方がいいです。何らかの理由で売却することができないのであれば、管理しましょう。そうすることで劣化が進むことを防ぐことができます。もし自分で管理することができないなら、業者を利用するといいでしょう。

[PR]
川口市で不動産売却方法が知りたい
プロに相談してみよう。

広告募集中